onlineロゴ2.jpg

骨董・古美術・工芸のポータルサイトmenomeonline

目の眼オンライン展覧会レポート 
「没後50年・日本民藝館開館75周年
 柳 宗悦展 -暮らしへの眼差し-」

松屋銀座
9月15日(木)~9月26日(月)10:00~20:00

    アイヌ木綿切伏衣裳.jpg
    切伏衣装〈きりぶせいしょう〉
    (樺太アイヌ 19世紀)

    木喰仏.jpg
    木喰仏 地蔵菩薩像
    (江戸時代 1801年)

    染付草花文壺.jpg
    染付草花文壺
    (朝鮮半島 18世紀)


「素朴な器にこそ驚くべき美が宿る」と語った柳宗悦が亡くなってから半世紀。無名の職人による誠実な手仕事を「民藝」と名づけ、沖縄から北海道まで全国各地を巡り、陶磁器・染織・金工・紙などさまざまな分野の工芸品を蒐集して日本民藝館を開設。手仕事の復権を目指す民藝運動は現在も各地で息づいています。
 宗悦の没後50年、日本民藝館開館75周年に当たる本年、宗悦が直観により見出した美しい器物、朝鮮時代の工芸、琉球や台湾の衣装や装身具など約250点を一堂に展観し、美の本質を求め続けた柳宗悦の生涯をたどります。
 また、日本民藝館名誉会長でプロダクトデザイナーとして活躍する長男・柳宗理
(1915年〜)のデザイン作品や、雑誌『民藝』の表紙デザインも紹介し、
父・宗悦、息子・宗理 —2人の間に受け継がれたものに迫ります。

柳宗悦ポートレート.jpg
柳宗悦  
 撮影:今井康道

【会  期】 2011年9月15日(木)〜26日(月) 

【開場時間】 10時〜20時 ※最終日17時閉場、入場は閉場の30分前まで

【会  場】 松屋銀座 8階 イベントスクエア

【入 場 料】 一般1,000円 高大生700円 中学生以下無料